TOPICS(特集)

HOME > TOPICS(特集) > 2018.04.19 署名にご協力を!悪質クレーム(迷惑行為)の抑止・撲滅に向けて必要な対策を講じることを求める署名

TOPICS(特集)

署名にご協力を!悪質クレーム(迷惑行為)の抑止・撲滅に向けて必要な対策を講じることを求める署名2018.04.19

連合および情報労連からの要請に基づき、NTT労組として「悪質クレーム(迷惑行為)の抑止・撲滅に向けて必要な対策を講じることを求める請願署名」に取り組みます。データ本部も組合員の皆さんに、署名をお願いしています。ぜひご協力下さい。

1.署名趣旨
商品やサービスを提供する際に、一部の消費者より、人格を否定する暴言や何回も同じ内容を繰り返すクレーム、長時間拘束や土下座による謝罪の要求、威嚇・居座り等、明らかに一般常識を超えた悪質クレーム(迷惑行為)が深刻な問題となっています。

全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟(以下、UAゼンセン)は、一部の消費者による悪質クレーム(迷惑行為)は、人と接するあらゆる産業で起こっている社会的な問題であり、その抑止・撲滅に向けて法制化をはじめとする対策を早期に講じることが必要と考え、請願署名を実施しています。


2.署名対象
全組合員およびその家族、知人等
※コールセンターなど消費者と直接、接する業種の全組合員の署名を目標に取り組みを強化する。


3.目標筆数
組合員の皆さん約1.8万署名
(連合全体で100万署名)

こちらをダウンロードして、職場の組合担当者にお渡し下さい。
【別紙1】悪質クレーム署名用紙.pdf


このページのトップへ
RSS RSS