TOPICS(特集)

HOME > TOPICS(特集) > 2018.01.15 第48回明日知恵塾に参加してきました

TOPICS(特集)

第48回明日知恵塾に参加してきました2018.01.15

2018年1月10日(水)に、大学生と社会人が「働くこと」について意見を交わすイベント
「明日知恵塾」に参加してきました。

明日知恵塾は、「就職前のイメージと違う」「採用したのに働いてもらえない」といった企業と学生の
ミスマッチをなくし、リアルな情報を提供し意見交換する場として定期的に開催されているイベントです。
今回はKDDIが2008年に設立した「KDDIチャレンジド」の職場訪問と、「社会人と残業のリアルを語る」をテーマに活発なディスカッションが行なわれました。

職場訪問では、障がいを持つ方が自分のスキルを発揮できるよう様々な事業展開に取り組んでいることや、実際の現場を訪問し、いきいきと働いていける環境づくりについて体感することができました。
ディスカッションでは、「残業」の実態を、それぞれの会社での働き方も含めて話すとともに、①「残業」が必ずしも悪いことだけではなく、自身の経験・スキルの向上等に役立つこと、②しかしながら、「残業」ばかりしていると身体や精神の疲労や異常にもつながるので「過度な残業」は控えること、③そして、働き方が多様となっているため、「残業」という概念が段々とあいまいとなっていること――等を話しました。
また、ある社会人からは、上司や同僚と密にコミュニケーションを取ることが、「適正な残業」につながることを学生にアドバイスしていました。

ご興味のある方は、情報労連ホームページ(http://www.joho.or.jp/)まで。 (組織部 山崎 文也)
明日知恵塾は、「就職前のイメージと違う」「採用したのに働いてもらえない」といった企業と学生のミスマッチをなくし、リアルな情報を提供し意見交換する場として定期的に開催されているイベントです。
今回はKDDIが2008年に設立した「KDDIチャレンジド」の職場訪問と、「社会人と残業のリアルを語る」をテーマに活発なディスカッションが行なわれました。
職場訪問では、障がいを持つ方が自分のスキルを発揮できるよう様々な事業展開に取り組んでいることや、実際の現場を訪問し、いきいきと働いていける環境づくりについて体感することができました。
ディスカッションでは、「残業」の実態を、それぞれの会社での働き方も含めて話すとともに、①「残業」が必ずしも悪いことだけではなく、自身の経験・スキルの向上等に役立つこと、②しかしながら、「残業」ばかりしていると身体や精神の疲労や異常にもつながるので「過度な残業」は控えること、③そして、働き方が多様となっているため、「残業」という概念が段々とあいまいとなっていること――等を話しました。
また、ある社会人からは、上司や同僚と密にコミュニケーションを取ることが、「適正な残業」につながることを学生にアドバイスしていました。
ご興味のある方は、情報労連ホームページ(http://www.joho.or.jp/)まで。
(組織部 山崎 文也)
DSC_0105.jpg

このページのトップへ
RSS RSS