共済/ろうきん

HOME > コラム

コラム

データ本部ホームページのマネーコラムを担当させていただく、財政総務部の杉浦と申します。 組合員の皆様とご家族の暮らしに、ちょっと役立つマネー情報を毎月更新しますので、どうぞよろしくお願いします

第16回 「海外出張時の保険」2012.06.12

グローバル化で海外はより近く
 今や海外旅行するのは難しいことではありません。さらに、交通の発達、通信技術の進歩、仕事のグローバル化によって、海外で働くことも夢物語ではなく、海外出張に行ったことのある方もどんどん増えてきています。


海外に行く時の準備
  さて、海外に行く時の準備は何が必要でしょうか? 
まずはパスポート、現地通貨(トラベラーズチェック)。そして、着替えや日用品、出張の場合はパソコンやスマートフォンなどの通信機器や電圧変更プラグ、そして各種資料などを旅行用トランクに詰めていきます。
 そして忘れてはならないものが・・・、「海外旅行保険」です。


海外での病気や事故に巻き込まれたら?
 海外出張も、やりがいのある仕事であり、大きく満足感や充実感を得られます。しかし、もしも、海外でケガをしたり、事故に巻き込まれたりしたら・・・。
 海外でのケガや事故は、軽いものであれば日本に帰ってきてから手当もできますが、海外の病院で治療しなくてはならないこともあります。

 海外出張の場合には、健康保険や労災保険等の国内の公的保険を利用することができます。これは、海外で労働したとしても、国内の事業場に所属し、国内の使用者の指揮に従って勤務しているとみなされるからです。入通院の場合、業務上は労災保険、業務外は健康保険から支払われるのは、国内でも海外でも同じです。

 ただし、海外での診療は、日本の保険診療とは異なる部分が多々あります。日本では、病院の窓口で健康保険の補てん部分をあらかじめ引いた3割を窓口で負担します。しかしながら、日本の健康保険組合に直接の請求が難しい海外の病院は、窓口では全額を支払い、後日、自ら健康保険組合に請求をすることになります。

 また、医師からは健康保険が適用できる診療と言われたが、日本の健康保険に請求した際に、健康保険の範疇ではない自由診療とみなされ、治療費全額を自己負担しなければならないこともあります。


海外旅行保険はクレジットカードにもついている
 海外に行く際に、旅行会社からすすめられるのが「海外旅行保険」です。しかし、海外旅行保険は、クレジットカードに付帯されていることがありますので、これを活用すると、保険料の支払いがお得になります。

 クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の保障内容は、「傷害死亡・後遺傷害」「傷害・疾病治療費用」「個人賠償責任」「携行品損害」「救護者費用」などとなっています。

【表1】保障の種類と内容

保障の種類 保障の内容
傷害死亡・後遺傷害 海外旅行中の事故によるケガが原因で死亡、または後遺障害となった場合に支払われる
傷害・疾病治療費用 海外旅行中に発病した病気や、ケガの治療費が支払われる
個人賠償責任 海外旅行中にあやまって他人にケガをさせたり、他人の物を壊して損害を与えた場合に補償される
携行品損害 海外旅行中の偶然な事故で、携行品(カメラ等)が盗難や破損となった場合に補償される
救護者費用 搭乗・乗船中の航空機や船舶が遭難した場合に、緊急捜索・救助活動のための費用に対して補償される
※保障内容と保険金は、カードごとに異なります。



慣れない土地では思わぬ危険がいっぱい
 海外旅行保険には、死亡保障は手厚いが、日常のちょっとしたケガや、交通事故の保障が付加されていない保険もあります。また、クレジットカードに付加された保険は、カード契約者ご本人のみの保障であり、カードをお持ちでない家族までも含めて保障するものではありません。

 そこで、電通共済生協の「交通災害共済〈しぐなる〉」と「傷害保険〈まもるくん〉」をセットで、ご家族全員で加入すれば、安い掛金で、国内外の交通事故によるケガを含む日常生活全般のケガをカバーすることができます。

 出張やご旅行時は、万が一に備え、ケガへの保障を十分にして、旅立ちましょう。

【表2】共済の保障範囲

補償対象 商品名 問い合わせ先
国内外を
問わず保障
交通事故での入通院 交通災害共済〈しぐなる〉 電通共済生協
不慮の事故での入通院 傷害保険〈まもるくん〉 きらら保険サービス
ガンでの入通院 がん保険 がん保険〈Days〉
ケガや病気による収入損失 団体長期障害所得補償
〈GLTD〉
国内のみに
補償が限定
住宅や家財の火事・風水害 火災共済〈すまいる〉 電通共済生協
住宅や家財の地震・盗難 自然災害共済〈おまかせ〉


 傷害保険〈まもるくん〉は、「2012春の安心づくりキャンペーン」封筒に同封のパンフレットにて詳細をご確認願います。

 交通災害共済〈しぐなる〉は、随時加入を受け付けています。詳細は、各分会、または、データ本部までお問い合わせください。

(財政総務部 杉浦詔子)

このページのトップへ
RSS RSS