NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson136
分会情宣部のお仕事

職場に直結、身近な仲間が登場する「分会ニュース」を発行
組合員に活動を知らせる「不可欠」な仕事

 前号までで分会の三役、組織部、交渉部、総務部について教えてもらったから、「分会のお仕事」シリーズの最終回は「情宣部」について教えて。
 「情宣部」は「情報宣伝部」の略称。つまり、分会の活動状況(=情報)を組合員の皆さんに伝える(=宣伝)ことが分会情宣部の仕事だ。各分会で実施している組織活動や、職場の課題について分会・会社間で行なわれる交渉模様などは、「分会ニュース」を発行して周知している。
 データ本部の活動は『NTT労組新聞』や『月刊データ本部』、ホームページでも見られるけど、分会はどんな形で情報発信しているの?
 新聞やメールマガジン、ホームページなど。どの媒体を用いるかは分会によって異なるけれど、すべての分会で月1回以上の定期発行をする方針だ。春闘時などはよりタイムリーに、会社との交渉状況を随時発信しているよ。
 分会ニュースには自分の職場に直結することが載っているから、必ず目を通しているわ。それに、身近な職場の仲間が登場していて親しみがわくのよね。分会主催イベントの案内なんかも見逃せないわ。
 組合員の皆さんに活動内容を知ってもらうことは、組合活動の第一歩。知らなきゃ参加もできないし意見も言えない。だから「分会情宣部」の仕事は不可欠なものなんだ。
このページのトップへ
RSS RSS