NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson134
分会交渉部のお仕事

「36協定」に基づく時間外労働のチェックなど
職場の問題は分会に意見・要望を

今回は「分会交渉部」ね。会社との交渉って、分会もしているの?
 良い質問だね。NTT労組の協約では、本部だけじゃなく、分会段階の「職場労使」でも交渉・協議を行なうことになっているんだ。
 そうなんだ。具体的には分会はどんなことを会社と交渉・協議するの?
 分会は、職場環境の改善に向けた交渉のほか、データ社とデータ本部間で決着した交渉案件の社員・組合員への周知や指導を徹底させるよう交渉している。また、当該組織(個社・部内等)の事業計画や決算について協議することも重要な役割だ。
 時間外労働も、組合が会社と協議しているのよね。
 その通り。時間外労働の実施に必要な「36協定」を締結し、それが守られているかチェックするのも分会交渉部の仕事だ。長時間労働に対しては組合員を守る立場で、その理由や対策を協議したり、改善を求めるよ。
 組合員の健康を守るためにも分会交渉部の役割は大切ね。職場で問題があったら、分会に言ったら会社と交渉してくれるの?
 組合員の意見や要望は、良い職場をつくるために大切だ。ぜひ、職場の執行委員や職場代表委員に話をしてみてほしい。分会室に足を運ぶのもお勧めだよ。
このページのトップへ
RSS RSS