NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson132
分会事務局長のお仕事

分会の事務局運営を総括する「司令塔」
職場とのコミュニケーションの「要」

 前号までで分会長、副分会長のお仕事について教えてもらったから、今回は「事務局長」の番ね。
 分会長、副分会長そして「事務局長」を合わせて「分会三役」というんだよ。「分会三役」は、分会の責任者だ。
 「事務局長」って、呼び方がいかめしいけれど、実際にはどんなお仕事をするの。
 事務局長は分会の事務局運営のすべてを総括する。分会の各部や担当の具体的な仕事の取りまとめや指示をするんだ。つまり分会内の実務的なところの責任者ということだね。
 サッカーに例えれば、分会長はチームの監督で、事務局長は、「司令塔」ね!
 その通り。だから、事務局長は組織や財務、交渉、そして各職場への情報伝達等、分会内のあらゆる面にアンテナを張って、コミュニケーションをとりながら分会をまとめていかなくてはならないんだ。
 各分会で担務はいろいろなパターンがあるみたいだけど、いずれにしても、事務局長って分会の「要」ということなのね。
 そうだね。だから、分会の活動の「見える化」や職場で働く皆さんとのコミュニケーションを図っていく上で、非常に重要な役目なんだ。
 三役で分会を引っ張って、分会活動を盛り上げてもらわなきゃ! もちろん私も協力するわ。
このページのトップへ
RSS RSS