NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson130
分会長のお仕事

職場状況を把握しデータ本部の活動に反映
分会を統率する責任者

 職場の先輩が分会長になったんだけど、分会長って何をするの?
 分会長の任務は「分会の統率」だ。大きな分会では、組合員は1000人を超える。分会長には組合員をまとめていくリーダーシップが求められる。
 大きな役割は、1.分会長会議で意思統一した事項を、分会内で具体的に展開する 2.職場の意見を集め、
分会の意見として取りまとめる━━となる。
 分会長会議って、 データ本部の主要な課題等の方針を決める会議よね。
 その通り。分会長は、分会長会議で決まったことを、分会で具体的な活動に展開する責任を持つんだ。分会長会議の決定事項などは執行委員会で報告し、交渉・組織・情宣・共済など、各担当に割り振って具体化する。
 では、「職場の意見を集めて取りまとめる」ってどんなこと?
 分会長会議で論議されるさまざまな課題に、分会長は分会の代表として意見を述べるんだ。それには、分会長会議での決定事項や会社施策の論議状況などを組合員へ報告し、組合員の意見を把握しなければならない。だから、日ごろから、執行部、部会、職場代表委員などを通じた情報収集が大事なんだ。
 分会業務も職場の状況もよく分かっていないとできないわね。分会長って大変な任務だわ。
このページのトップへ
RSS RSS