NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson123
「電力総量規制」について

「電力総量規制」の趣旨を理解し
皆で協力しあい節電し、働き方を見直そう

 「東日本大震災」で発電所が被災したから、今年の夏は電力不足が心配ね。
 ピーク時の電力量を減らすために、国をあげて節電に取り組んでいるのは知ってるよね?
 「電力総量規制」よね。テレビや新聞でよく聞くけれど、どのようなことなの?
 利用可能な電力量の上限を定めて、それを超えての利用を制限することだよ。電気事業法27条では「電
気の需給調整をしなければ経済や国民生活に悪影響がある場合は、経済産業相が利用者の電力利用量を制限できる」とされている。今回は電力の供給量と需要量の見通しから、東京電力・東北電力管内全域で15%削減とする目標が政府から出されている。
 非常事態だし、会社や家庭で協力しあわなければ。データグループも節電に取り組むのよね?
 もちろん。社会に責任を果たすためにね。でも、そのためにだけ取り組むのではないよ。
 節電すれば、CO2を減らせるわね。環境問題にも効果があるわ。
 その通り。それから、消費電力を減らすには、短時間で効率良く仕事をする必要がある。休暇取得の促進やテレワークも有効だ。つまり、「働き方の変革」が求められる。
 私も、仕事のやり方を見直して積極的に休みを取ろう。仕事も生活も充実の夏にするわ。
このページのトップへ
RSS RSS