NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson158
2014春闘

労働条件の改善要求など求め交渉 組合員の思いを結集し要求実現へ

 『NTT労組新聞』を読んでいると、「春闘」という言葉が目につくけど、何の闘いなの?
 春闘は、2~4月にかけて、労働組合が労働条件の改善要求等を求めていく交渉のことなんだ。
 なぜ、どの労働組合も2~4月にかけて春闘を実施し、交渉するの?
 もともとは各労組で交渉時期はバラバラだったが、1955年に多くの労組が産業の垣根を越えて団結し、要求を勝ち取るべく、この時期に交渉することになったんだ。
 今年はNTT労組として主にどのような改善を求めているの?
 NTT労組としては、7年ぶりの月例賃金改善要求が一番目を引くところだね。基本賃金引き上げ分の総原資の確保を求めているんだ。
 ところで、先日、私も「賛成」の意思を示した「ストライキ批准一票投票」はデータ本部で99.00%の賛成を得たわよね。
 「ストライキ批准一票投票」は、組合員の3分の2の賛成をもって、ストライキ権を確立させる仕組みで、投票結果は組合員が春闘要求に賛同している「意思の結集」を会社側に示し、交渉の力になるんだ。
 過去最高の高率批准は大きい力になるわね。今後の交渉状況が気になるから、『NTT労組新聞』やホームページ等をチェックしていかないとね。
このページのトップへ
RSS RSS