NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson155
夏季総対話

変わることなくしては進めない時
来年度の活動方針への意見反映のため総対話へ参加を

6月21日から総対話が実施されるわ。総対話は『議案』の説明会なの?
単なる説明会ではないよ。労働組合は、組合員が話し合いながら活動を進めていく民主的な組織。だから組合の方針は、必ず大会や委員会といった議決機関等で決定するんだ。今年は基軸年といって、今後2年間の運動方針が『議案』提起されているんだよ。
 一つずつ考え方を合わせながら、活動を進めていくのね。今回の総対話の具体的な内容は?
 「処遇体系の再構築」に伴う「特別手当の制度見直し」や「企業年金制度の確立に向けた制度見直し」が検討されているんだ。将来にわたって安心できる制度の確立に向けて、さまざまな検討を進めていこうと提起し、組合員の「声」を求めているんだよ。
 そうね、私たちの生活の安心・安定につながるよう考え、発言していく必要があるわね。ほかにはどんな議題があるの?
 データグループ『新中期経営計画』の進捗状況の共有や、「処遇体系の再構築」施策の着実な実施に向けた考え方などが示されているよ。
 そして、今後グループ会社へ展開される「処遇体系の再構築」については、要求事項・制度の確立に向けた考え方が提起されているんだ。
 組合員が一致団結して課題に臨むために、総対話に必ず出席するわ。
このページのトップへ
RSS RSS