NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson152
ストライキ批准一票投票

批准率100%をめざそう!
高率批准でデータ本部の交渉をバックアップ

 春闘交渉が本格的にスタートしたわね。景気やNTTグループの事業動向を考えると、交渉が厳しそうだわ。
 どうなるかは今後の交渉次第だけど、NTT労組では、「ストライキ批准一票投票」を行なってスト権を確立することにしているんだよ。
 ストライキは、労働組合が持っている権利なのだが、法的な手続きが必要だ。NTT労組では全組合員の3分の2以上の賛同を得て、スト権が確立されるよ。
 スト権を確立しても、ストを行なわなければ効果がないのではないかしら?
 投票結果は、全組合員が春闘要求に賛同しているという「意思の結集」を会社に対して示せるんだ。これは、強力な交渉のバックアップで、会社側も要求を無視できなくなるんだよ。
 投票率や批准(賛同)率が高いほど、「春闘要求の実現を強く望む」という全組合員の決意が示せるのね。具体的には、どうやって投票するの?
 投票は、2月18日から始まるよ。分会ごとに締め切りを設定しているから、部会役員や職場代表委員、職場連絡員から投票用紙を配付されたら、その場で記入して投票してほしい。
分かったわ。私は「賛成」と自分の意思を示して交渉をバックアップするわ! 用紙が配られたら、すぐに投票するね!
このページのトップへ
RSS RSS