NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson144
「採用から65歳までの雇用制度」の総対話

私たちの賃金など処遇に直接関わる課題
総対話でしっかりと討議しよう

 16日から「採用から65歳まで働きがいをもって安心して働き続けられる制度」の確立に向けた総対話が始まるのね。
 1月の春闘前と6月の大会前、例年、2回の総対話を行なっているけれど、労働条件(人事・賃金制度・福利厚生等)の変更を伴う課題がある場合は、個別に総対話を開催して、組合員の意見を聞くんだよ。昨年10月にも、「事業特性に応じた人事制度の見直し(フェーズ2)」について、総対話を実施したね。
 私も秋の総対話で、フェーズ2の説明を受けたわ。今回はどんな内容なのかしら?
 「今後の事業運営等をふまえた処遇体系の再構築」の基本的考え方が4月5日に会社から提案された。それに対して、再構築の必要性等の会社提案に対するNTT労組としての認識等を明らかにしたので、組合
員の皆さんに説明し、意見集約を行なうんだよ。
 難しそうね。どんな資料で説明してもらえるのかしら。
 まずは中央本部作成の『討議資料』だ。それとデータ社の提案内容を整理して、なぜ「処遇体系の再構築」に取り組むかを説明している『DATANAVI』がある。それらを読んで、総対話でしっかりと討議しよう。
 分かったわ。私たちの賃金などの処遇に直接かかわることなので、周りの人たちを誘って総対話に参加するわ。
このページのトップへ
RSS RSS