NTT労組新聞

HOME > 『NTT労組新聞』労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

労働組合 なぜ・ナニ・どうして?

Lesson137
春闘へ向けて

経済・社会・経営状況等ふまえ
組合員意見から要求を検討

 春闘に向けた論議が本格的に始まるのね。春闘要求はどのように決められるの?
 まず、春闘に対する連合・情報労連方針をふまえたNTT労組の基本的考え方を確認し合うことから始まる。
 これは、国内外の経済情勢や、格差是正など社会的問題、NTTグループの経営状況等をふまえて検討される。
 秋の総対話で春闘での要望事項について意見を求めていたけど、どのように反映されるの?
 総対話で上げられた要望は、分会がとりまとめ、データ本部に集められた。データ本部が、NTT労組の基本的な考え方をふまえ、集まった意見の中からデータグループの要求事項の検討に入っている。
 私も総対話で要望を出したけど取り入れられるのかしら。
 要求を実現するには、会社も理解できる要求根拠が必要だ。組合員からのさまざまな意見については現状調査等の精査をしている。
 春闘で要求するためには確かな理由が必要なのね。要求項目は、いつごろまとまるの?
 原案は、分会長会議等で論議して、年内にまとめられる。この原案は、来年2月に開催する「データ本部委員会」の『議案』として、NTT労組全体の春闘方針案である「中央委員会議案」とともに1月の総対話で組合員に説明する。大事な総対話だから必ず参加してほしい。
このページのトップへ
RSS RSS