NTT労組新聞

HOME > 委員長コラム「ときのこえ」

コラム

今秋の活動を成功させ参議院議員選挙勝利につなげる取り組みへ2018.10.06

 沖縄県知事選挙が終わった。組織外推薦として応援した、玉城デニー候補が自民党候補に大差で勝利した。この選挙は、辺野古への米軍新基地建設の是非が最大の争点。翁長前知事の遺志が受け継がれた民意である。このことを重く受けとめた、政権与党の
今後の対応に注目したい。台風の影響が心配される中での取り組みに対し、関係組合員等の皆さんに敬意を表す。
 さて、一〇月からは新年度である。年明けの二〇一九春闘後は、統一地方選挙、参議院議員選挙等、例年とは違う
活動が集中する。したがって、今秋の活動を充実させていくことが重要だ。CSグループの事業課題やデータ社の福利厚生の見直し、高度専門人財の確保に向けた制度整備等、組合員の皆さんとの対話会開催の予定である。また、新たな社会貢献活動もトライアルを経て、本格実施する。
 さらに、現在「秋のキャンペーン」を取り組み中。皆さんも自転車で危険な思いをしたこと、させたことは? 被害者になっても、加害者になっても、自分の身は自分で守ることに。ぜひ、Myセーフティへ加入し、「個人賠償責任特約」の契約を。
 今秋の多くの取り組みを成功させ、来年の「吉川さおり」組織内候補の参議院議員選挙勝利へつなげよう。
(委員長 内田 靖治)
このページのトップへ
RSS RSS