震災復興支援報告

HOME > 震災復興支援報告 > 2011.12.02 「石巻市ボランティア」出発しました。(参加報告:12月2日更新)

震災復興支援報告一覧

「石巻市ボランティア」出発しました。(参加報告:12月2日更新)2011.12.02

12月2日掲載

太田 香織さん(BS分会)
(②2011年11月3日(木・祝)~11月5日(土)に参加)

 11月3日~5日に、宮城県石巻市でボランティアをさせていただきました。 
 作業内容としては、津波被害を受けた方の仮設住宅申込書のエクセルへのデータ入力です。

 入居予定の家族の名前と、「津波により家が流失」と被災者により書かれた紙を、何枚も、何100枚もめくり、そのデータをひたすらエクセルへ入力します。淡々とできる作業ではありませんでした。

 両親が震災により亡くなり、2人で住むところを探している双子の兄妹の申込書、家族の名前がたくさん記入されているがほとんどが名前の横に「行方不明」と書かれているもの、「父親」と「次女」の名前しか書かれていないもの・・・・。何度も手が止まり、胸が詰まりました。

 石巻の景色は津波により殺風景になってしまいましたが、瓦礫は撤去されつつあり、復興が少しずつ進んでいるようにも見えます。
 今後は、震災により大切な人を亡くしてしまった人々、特に子供たちのこれからの生活を支えていくために、私たちに何ができるのか考えていかなければならないと感じています。


(この記事は、分会と太田さんの了解を得て、「ビジネスソリューション分会 職場ニュース」から転載させていただきました。)

-----------------------------------------------------------------------------------------------
11月11日掲載

 ③2011年11月6日(日)~11月8日(火)
ishinomaki_3.jpg
  左から、
  古市 貴志さん(製造・流通分会)、有馬 出さん(ライフサポート分会)、佐藤 義郎さん(東北分会)、
  杉本 伊知郎さん(金融第四分会)、礒部 芳夫さん(NBS分会)、芳賀 雄佑さん、
  知念 麻里菜さん(本社分会)、【撮影】中村 幸蔵さん(データ本部)

-----------------------------------------------------------------------------------------------
11月7日掲載

 ②2011年11月3日(木・祝)~11月5日(土)
ishinomaki_2.jpg
  左から、
  高浜さん(NTTデータ東北・採用内定者)、阿達 敦さん(東北分会)、中村 幸蔵さん(データ本部)、
  渡邉 恵一郎さん(本社分会)、岡崎 愛さん(NST分会)、太田 香織さん(BS分会)、
  安藤 良佑さん(NBS分会)、【撮影】鈴木 健さん(データ本部)

-----------------------------------------------------------------------------------------------
10月31日掲載

NTTデータ東北社からの要請による「石巻市ボランティア(データ投入作業)」が出発しました。

今回のボランティアは、石巻市市民の住民情報に関わる紙媒体情報のExcelファィルへのデータ投入作業を行います。

活動日程と参加者
 ①2011年10月31日(月)~11月2日(水)
ishinomaki_1.jpg
  左から、
  堤 昭夫さん(PFR分会)、大戸 実さん(東北分会長)、田頭 正規さん(金融第三分会)
  矢内 進さん(BS分会)、細貝 正人さん(法人システム)、早野 俊郎さん(関西分会)
  【撮影】鈴木 健さん(データ本部)

矢内 進さん(BS分会)
 10/31から3日間、石巻市役所内にて、東日本大震災により住居を失い、仮設住宅(借上住宅含)に入居されている方々を対象とした、同居者名簿の作成のため、紙ベースの仮設住宅申込書(A4・1枚)を元データとして、EXCELへ同居者データの投入作業を実施しました。
 最終目、市役所担当者の許可を得て、海岸寄りの津波被災地に向かいましたが、報道映像どおり、住宅街は、コンクリート製建物を除き根こそぎ流され、荒れ野と化しておりました。巨大津波の破壊力・恐ろしさを現実として受け止めた次第です。

鈴木 健さん(データ本部)
 今回、ボランティア対応された各組合員は自ら志願された方なので、意識の高い方ばかりだったのは当然のことかもしれませんが、大変精力的に対応して頂き、頭が下がる思いでした。
 NTT労組以外の他のボランィティアの方も同室で作業していましたが、祝日の閉庁日にも作業していたのは我々だけで、市役所の職員の方から「皆さん休みの日なのに頑張って頂いて大変助かります」との感謝の言葉を頂くことができました。
 現在でも、市役所近くの商店街は津波被災でシャッター通り状態で、港湾部もまだ未整備状態で復興にはまだ時間がかかると感じました。


このページのトップへ
RSS RSS