震災復興支援報告

HOME > 震災復興支援報告 > 2011.03.16 東北太平洋沖地震におけるデータ本部の対応状況報告

震災復興支援報告一覧

東北太平洋沖地震におけるデータ本部の対応状況報告2011.03.16

NTT労働組合 中央本部とデータ本部は、2011春闘交渉一時凍結し、東北地方太平洋沖地震における組合員の安否確認を最優先した取り組みを行っています。
2011.3.13.NEWS記事
2011.3.14.NEWS記事

現在の状況を報告します。

(1) 社員の安否確認について
 3月14日21時10分をもって、NTTデータ社およびNTTデータグループ全社の組合員・社員の安全が確認されました。
 引き続き、社員の家族の安否確認を行っています。

(2) カンパの実施について
  カンパ活動については、3月下旬(準備ができ次第)より取り組むこととし、会社の協力も含め、現在最終調整を行なっています。詳細が決まり次第、お知らせします。

(3) ボランティアについて
 ボランティア行動についても実施の方向で検討を進めています。しかし、ボランティアの基本である「現地の負担にならない※」体制ができていない状況であることから、その体制確立および現地状況・要望の情報収集を行い、実施時期や内容等を決定します。詳細が決まり次第、お知らせします。

※:①一人称で活動でき、②移動手段(車・ガソリン等)を持ち、③食糧・宿泊場所を確保していること、などであり、とりわけ「安全作業」に対する体制をいいます。


このページのトップへ
RSS RSS