NEWS (お知らせ)

HOME > NEWS(お知らせ) > 2019.01.01 新年のあいさつ

NEWS (お知らせ)

新年のあいさつ2019.01.01

 

新年おめでとうございます。今年も皆さんにとって健康で幸多き年でありますようご祈念申し上げます。

まず、昨年一年間、NTT労組データ本部の取り組みへのご理解・ご協力にお礼申し上げます。また、データグループ事業は、国内事業の着実な取り組みとグローバルビジネスの拡大等により、堅調に推移しています。これも組合員・社員の皆さんの懸命な努力の成果にほかなりません。

さて、昨年一年間を振り返ってみますと、「平成30年7月豪雨」、「大阪北部地震」、「北海道胆振東部地震」、再三上陸する台風等、多くの自然災害がありました。NTT労組は退職者の会、NTTグループ各社と共に、被災者支援カンパに取り組みました。カンパへのご協力、誠に感謝申し上げます。現在、被災された仲間の皆さんに支援金をお渡しする準備を進めています。自然災害はもとより、さまざまな危機管理は、グローバル企業グループとなった今、私たち労働組合も全世界的視野で対応しなくてはなりません。

迎えた2019年は、NTTグループ全体で、グローバルビジネスの拡大に向けた新たな戦略に取り組む年となります。データセンタ、クラウド、ネットワーク事業に、SIを加えたトータルサービスで強みを発揮し、グループ全体がさらなる成長・発展を果たさなければいけません。そのことが、組合員の皆さんの雇用と労働条件の向上に直結します。

今年の干支「亥」の年は、「翌年に向けてエネルギーを蓄える時期」といわれています。世の中は、〝デジタルトランスフォーメーション〞の名の下に、社会構造そのものが変化し、また、私たちの働き方自体にも変化をもたらしています。今はその変化に追随するために、エネルギーを蓄えているような時間が惜しまれるのかもしれません。

私たちNTT労組も発足から20年の節目を迎え、今年から、新たな一歩を踏み出しました。すぐに2019春闘が始まります。また、今年は、春の統一地方選挙、夏の参議院議員選挙と負けられない戦いが続きます。

今の時代、走りながらいかにエネルギーを蓄えるか、これも変化への対応の一つかもしれません。今年も迷うことなく全力で疾走していくことにします。

組合員の皆さんの引き続きのご協力をお願いします。

データ本部 執行委員長 内田靖治

http://www.ntt-union-data.gr.jp/upload/fileupload/20190101_新年.jpg

このページのトップへ
RSS RSS