月刊データ本部

HOME > 『月刊データ本部』ユニオン・ワード・ブック

ユニオン・ワード・ブック

「分かりにくい」と評判(?)の労働組合に関する言葉を解説していきます。

大会議案書

夏季総対話が始まっています。全組合員に配布された『議案』は、データ本部の今年度(2012.8~2013.7)の活動報告と来年度(2013.8~2014.7)の計画がその内容です。総対話で組合役員が説明しますので、一読して持参してください。

NTT労働組合の各組織(中央本部、データ本部、分会)は、原則、年1回『定期大会』を開催します。この大会は各組織の最高議決機関として位置づけられ、帰属する全組合員の意思終結を行ないます。

具体的には、各組織が
 ①どのような活動を行なってきたか
 ②これからどのような活動を計画するか
 ③そのための予算(組合費)をどのように使っていくか
――等を全組合員に周知し、議論を行ないます。

そのため、『大会議案書』を読むと、組合活動の取り組みの経過や結果、方針、予算――等がわかります。
このページのトップへ
RSS RSS