月刊データ本部

HOME > 『月刊データ本部』ユニオン・ワード・ブック

ユニオン・ワード・ブック

「分かりにくい」と評判(?)の労働組合に関する言葉を解説していきます。

年間臨給方式

データ本部は2012春闘で、特別手当の「年間臨給」での支払いを要求し、要求通り妥結しました。

 年間臨給方式とは、1年間を通した臨時給与(特別手当)の支払額を、1回の交渉でまとめて協定する方式をいいます。

 「年間臨給方式」の最大のメリットは、年間を通した収入計画を立てられるため、安心感があることです。NTTグループ以外では、夏と冬にそれぞれ支払額を決める企業もありますが、半期の会社業績によっては、冬の支払額が変動する可能性があり、社員にとっては不安要素となります。したがってNTT労組は、組合員の安心と、安定した生活設計も意識し、「年間臨給方式」にこだわって要求しています。
このページのトップへ
RSS RSS