月刊データ本部

HOME > 『月刊データ本部』ユニオン・ワード・ブック

ユニオン・ワード・ブック

「分かりにくい」と評判(?)の労働組合に関する言葉を解説していきます。

大会・委員会

労働組合は、民主主義に基づき、「皆で決めたことを皆で実行」が基本です。その活動方針等を決める議決機関として、中央本部、データ本部、分会のそれぞれに大会・委員会があります。

 「大会」は、年1回7~8月に開催される最高議決機関です。組合員の代表として代議員を選挙で選出し、1年間の活動方針や予算を決定します。

 「委員会」は、大会に次ぐ議決機関で、大会と同様に委員を選挙で選出し、大会での方針に基づく各種方針や補正予算等を決定します。

 「大会」や「委員会」の開催前には、活動方針や予算等を説明し、組合員の意見や要望を聞く「総対話」が実施されます。そこでの論議が大会や委員会で反映されるので、「総対話」への参加は、組合員として重要な組合活動への参画です。

このページのトップへ
RSS RSS