月刊データ本部

HOME > 『月刊データ本部』ユニオン・ワード・ブック

ユニオン・ワード・ブック

「分かりにくい」と評判(?)の労働組合に関する言葉を解説していきます。

情報労連・NTT労組弁護団

「情報労連・NTT労組弁護団」の役割は、1.法律相談2.当面する法律問題の調査・研究3.組合の学習会などへの参加による権利意識の高揚━━の3つがあります。

 NTT労組は、雇用契約を締結した弁護士による「情報労連・NTT労組弁護団」を組織しています。

 弁護団は、1都道府県1人以上の顧問弁護士を配置し、全国で61人の弁護士が活動しています。全県への担当弁護士の配置は、他の労組にはない充実した体制です。

 また、組合員やその家族を対象にした法律相談活動ばかりではなく、組合の当面する法的課題に対し、調査・研究・報告により法的対処の仕方などを示唆・提言しています。

 さらに組合員の生活や職場における諸問題などについて法的見地からの学習会も開催しています。
このページのトップへ
RSS RSS